読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【Arduino】デスクトップマスコットを作ろう

机の上に置いて、arduinoで拡張可能なマスコットのベースです。。
コンパイル終わった時や、電気が消えた時に光ったら、ほっこりしないかな。と。
あと、下の記事のクマさんに憧れて!

マスコット+arduino+フルカラーLED+明るさセンサーまではできたので
あとは、PCと直USB、BluetoothWifiあたりで色々なものと繋ぎたい!

キャラクターはキルミーベイベーのソーニャちゃん(内輪ネタ)。

マスコットの材料

f:id:kame0_0:20160327020542p:plain

  • Fimo(オーブン硬化粘土)
    フィギュアの作り方を探すと同じオーブン硬化のスカルピーに行き当たるのですが、色がないので塗装を考える必要があって辛い・・・型を作って量産ならいいのですが。Fimoのほうがとても気軽。
  • 粘土べら(スパチュラ)
    以前スカルピーを触ろうとした時に、適当に買った割にはとても優秀。
    いろいろ形状があるようですが、これしか使ったことがないです。
  • 瞬間接着剤
    Fimoの細かいパーツが落としたり、力入れすぎて割れた時に・・・
  • 紙やすり(何段階か)
    焼いたのを削ってなめらかに。
  • 除光液とかシンナー系
    多少他の粘土の色がすでに焼いた所に色移りしてもティッシュとかに含ませて拭くと綺麗に。あと、細かいヤスリあとも多少消えるような気がする。
  • オーブン
    温度の調節がないと焦げます。110度に設定!
  • arduinoを仕込む台座の箱
    300円ショップのスタンプの箱が良い。

マスコットを作ろう

f:id:kame0_0:20160327013335p:plain

焼くまでは普通に粘土なので、肌色のFimoで形を作ります。
焼いて硬化させてから、ピンバイスとかドリルとかを駆使し穴を開け、LEDを指します。硬化しても器具で簡単に穴を開けられるくらいの固さです。
次に目や眉毛をFimo Effectで盛って、再び焼いて硬化。
半透明fimoだけ光を通すので、目だけ光ります。ピカー。

f:id:kame0_0:20160327014427p:plain

体や髪もガツガツ作ります。体は配線を通すので空洞です。
空洞に細かい細工をするのは無理なので適当な空洞を硬化させてから整形。

f:id:kame0_0:20160327014859p:plain

胴が長かったのを少し短くしたり、襟とネクタイができたり、
紙やすりをかけていたら、腕が折れたり、机から落として、リボンが折れたりしながら完成。

f:id:kame0_0:20160327003048p:plain
頭と座っている床にLEDを仕込んであるのでグラデーションも作れます。

電子工作の材料

電子工作をしよう

f:id:kame0_0:20160327155905p:plain

今回はarduinoとLEDと明るさセンサーを接続したくらいです。
(粘土のこと書いたら疲れてきた)
気づきは、

  • マイコン内蔵フルカラーLEDが便利。連結処理素晴らしい。
  • BangGoodという中国のサイトで安いarduino互換品を注文してみた。
    まだ届いていないですが、nano互換x5で14ドル。送料無料。

  • ピンヘッダ付きのワイヤーでテストして片側を切り落として半田付けしたりしていたのですが、断線しまくる。ピンヘッダ付きは中の銅線?がとても細い。

まとめ

まだ、光らせる対象との接続が明るさだけなので微妙なのですが、
PCと直USB、BluetoothWifiあたりで繋いだらテンションが上がるかもしれない!

前回のロボニャンから12月から、気づけば3月末。。

アサクリシンジケートは全地区を制覇して、図鑑を読み漁るほど面白かった!

少し電子工作に戻ってきました。が、今回作って思った。
3Dプリンターで遊びたい。
今私は手作りの温かみより、製品を量産したい。
(実際に量産するかは別ですが、その体制が作れる状況にテンションが上がる!)